[スタートアップ紹介Vol.32]Vayyar Imaging | Isratech / イスラテック

[スタートアップ紹介Vol.32]Vayyar Imaging



5G 時代に突入することとで、あらゆる事がこれまで以上にスマートに管理されていく。家・車・オフィス・ショッピングモールなどあらゆる場所が管理され、情報となる事で安全性・生産性・効率化が図られる。そしてそれらを管理するセンサーの機能や精度の向上は必須であろう。

URL:https://vayyar.com/

車・オフィス・家・医療など幅広い場面で活用できる 3D イメージセンサーを開発・提供している。
Vayyar Imaging について伺ってみた。

Vayyar Imaging をオススメする理由はなんでしょうか?

Vayyar Imagingは、4D レーダーイメージングテクノロジーのグローバルリーダーであり、自動車、スマートホーム、ロボット、小売、RF テスト、医療など、さまざまな業界に手頃な価格の高度なセンサーを提供しています。
Vayyar の自動車向けソリューションは、RFIC(完全レーダーオンチップ)に基づいて、60 GHzおよび79 GHz帯域で最大 48 のトランシーバーと 2000 の仮想チャネルを備えた車内および外部のセンシングによって、視線、照明、気象条件の影響を受けずにあらゆる環境条件で機能する高解像度のイメージングを提供しています。

自動車だけでなく、あらゆる場面に活用できるセンサーだと感じましたが、センサーだけでは分析できないと思いますが、解析ソフト等も必要なのでしょうか?

同社のセンサーはある程度分析できます。例えば、Vayyar のセンサーは、ガソリンスタンドのタンクに保管されているガソリンを分析して、誰かが故意にガソリンに水を追加するなどした場合などの判断ができます。
しかしながら、センサーは特定のタイプの分析に限定される場合があるので、より詳細な分析のためには追加の分析ソフトウェアが必要となる場合があります。

そもそも、なぜこのように様々な領域が管理できるセンサーが誕生したのですか?

Raviv Melamed 氏、Miri Ratner 氏、Naftali Chayat 氏、Vayyar の 3 人の共同設立者が作った初期製品は、24 個の内蔵 RF アンテナを備えた親指サイズのセンサーでした。

RF 信号は、人間の組織からコンクリートの壁まで何でも貫通できます。

少し専門的なお話をすると、異なる素材で作られたオブジェクトはさまざまなレートで RF 信号を吸収するため、一部の信号はオブジェクトを直進し、他の信号は独特の強度で跳ね返ります。それらの反射を 3D 画像にステッチする事で、例えば癌の場合、正常組織と腫瘍、および良性腫瘍と悪性腫瘍を区別することが可能になります。

3 人はすぐに、同じ技術が、スマートホームから自動運転車や搾乳牛まで、ほぼ無限のアプリケーションで使用できることに気付き、応用できるよう開発を進めました。

なるほど、素晴らしいですね。昨今では、日系企業との連携も進んでおり、様々な連携がされてきていますね。たとえば、大型ショッピングモールなどでの安全についても管理できるようですが、その精度はいかほどでしょうか?

Vayyar では、正確な 3D 画像を生成しますが、センサーはカメラではないため、特定の人物を選別できません。スーパーマケットなどでは、買い物客のプライバシーを保護しながら消費者の行動を追跡したいという需要があるため有益だと考えられます。
また、このセンサーは、人々の呼吸と、座っている、立っている、横たわっていのかどういう状態かの追跡が可能です。

たとえば、呼吸を監視することにより、誰かが呼吸を停止した場合にアラートを速やかに送信したり、人が横になっているかどうかを監視することで、誰かが転倒したかどうかを知ることができます。

となると、当然、ホームケアなどにも応用できますね。離れた家族(とくに高齢の1人世帯)を持つ家庭やスマートホームでの活用に個人的には期待が持てるのですが、実際に日本で使用することは可能ですか?

こんな話があります。中国の家電メーカー、Haier Group Co.の東京に拠点を置くHaier Asia Co.は、Google Androidオペレーティングシステムを使用するインターネット冷蔵庫の発売を計画しています。冷蔵庫は、含まれている材料を分析し、対応するメニューを推奨できます。

また、冷蔵庫を介してユーザーの安全を確認することができます。たとえば、一人暮らしの高齢の親が冷蔵庫を連続して何日も開けなかった場合、警備会社に通知されます。

まだ実現には遠いですが、Vaayar のスマートホームセキュリティセンサーは日本の高齢者の安全に非常に役立つ可能性があると考えています。

日本も少子高齢化は、避けられない道ですので、テクノロジーが社会にしっかりと浸透することによって、いい社会ができていけばいいと思います。本日はありがとうございました。

URL:https://vayyar.com/

※イスラエルでは、こうしたスタートアップが 6000 社以上存在するといわれております。
弊社では、こうした企業の調査、目利きを行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ先:お問い合わせフォーム

連絡先

株式会社 ISRATECH
107-0062 東京都港区南青山 2-2-15 ウィン青山ビル UCF 917号
TEL:03-5510-1173
FAX:03-3502-1412
E-mail : info@(あっと)isratech.jp
※お急ぎの場合でもメールにてご連絡いただければ幸いです。
© 2020 Isratech / イスラテック. All rights reserved.