[スタートアップ紹介Vol.48]Emendo | Isratech / イスラテック

[スタートアップ紹介Vol.48]Emendo



ゲノム編集技術は驚くべきスピードで成長している。その成長の影にあるのが、各国のスタートアップの技術である。


http://emendobio.com/

ゲノム編集の会社であり、OrbiMed Advisors LLP および Takeda Pharmaceuticals Limited の企業ベンチャー部門である Takeda Ventures、Inc. が投資して、デビッドバラム( David Baram )氏とイスラエルのワイツマン科学研究所の科学者グループによって 2015 年に設立されました。

Emendo について伺ってみた。

Emendo をオススメする理由はなんでしょうか?

Emendo はゲノム編集会社で、重症疾患の遺伝子治療と細胞治療を開発しています。Emendo の技術は、独自のタンパク質工学および選択プラットフォームに基づいており、安全で効果的な遺伝子ソリューションを生成するために、標的配列ごとに慎重に最適化された、非常に特異的で非常にアクティブなCRISPR (クリスパー)・OMNI (オムニ) ヌクレアーゼを生成するように設計されています。

CRISPR (クリスパー)には多くの方法だけでなく、多くの課題がありますがOMNI (オムニ) ヌクレアーゼによってどのように解決するのでしょうか?

Emendo の遺伝子編集プログラムであるオムニは、非常に特殊な遺伝子編集を可能にし、ターゲット外のカットを最小限に抑え、複雑な遺伝病への集中的な治療介入を可能にします。このマイルストーンの達成は、哺乳類細胞で高い活性を示す新規の CRISPR(クリスパー)ヌクレアーゼ、OMNI(オムニ)ヌクレアーゼを発見できるというエメンドの成功を実証しています。

つまり、高性能の遺伝子編集が可能ということですが、これまでの薬剤組成と大きく異なる点はどこでしょうか?

CRISPR は遺伝子編集の機会を提供しますが、ヌクレアーゼの特異性のために制限もあるため、薬剤組成も制限されてしまいます。 Emendo は、合成生物学を使用してゲノム編集を拡張する OMNIa、次世代対立遺伝子特異的遺伝子編集プラットフォームとして知られている技術を使用して、これらの制限を解消します。

すごい技術が開発されていますね。Emendo は武田薬品がすでに投資を行っておりますが、それ以外にもすごい技術を持っているのに日本の企業に知られていない創薬系のスタートアップはありますか?

イスラエルの LipoCure は、独自のリポソームベースのナノ薬物を利用して、新しい薬物ローディング機能と薬物放出メカニズムを備えた非常に強力な治療法を開発しています。
また、 MyBiotics は、独自の培養関連技術を使用して微生物叢の平衡を回復することを目的とした、治療および食品市場向けの微生物叢ベースの製品を発見および開発しています。

なるほど、まだまだ優れた技術を持つスタートアップがありそうです。日本企業も少しずつイスラエルスタートアップに注目し投資が進んでいますので、今後も目が離せませんね。
本日もありがとうございました。


http://emendobio.com/

※イスラエルでは、こうしたスタートアップが  6000 社以上存在するといわれております。
弊社では、こうした企業の調査、目利きを行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問合せ先:お問合せフォーム

連絡先

株式会社 ISRATECH
107-0062 東京都港区南青山 2-2-15 ウィン青山ビル UCF 917号
TEL:03-5510-1173
FAX:03-3502-1412
E-mail : info@(あっと)isratech.jp
※お急ぎの場合でもメールにてご連絡いただければ幸いです。
© 2020 Isratech / イスラテック. All rights reserved.