『スタートアップ大国イスラエルの秘密』エグゼクティブ編 目次 | Isratech / イスラテック

『スタートアップ大国イスラエルの秘密』エグゼクティブ編目次



『スタートアップ大国イスラエルの秘密』エグゼクティブ編目次

第一章 なぜ、イスラエルと関わることが重要なのか?イスラエルで何が起こっているのか。

第二章 スタートアップとどう対峙していくか

  • 変化の「源泉」は何なのか
  • テクノロジー変化の激しい時代に求められること
  • イノベーション、テクノロジーを全体感で見ること
  • どういう変化が起こりうるのか、変化の確率が高いのか
  • 失敗が起きた時、迷ったら「Goのイスラエル、Stopの日本」
  • 「回避可能」な失敗の回避方法
  • 失敗した後でもつき合える相手か

第三章 イノベーションをどうビジネスにつなげていくのか

  • イノベーションをビジネス化していく際の 3 ステップ
  • 各領域最前線のキャッチアップ、最先端のイノベーションへのアクセス
  • イノベーションへのアクセスを効果的に進める「目利き」
  • 粒度の低い、浅い分析情報は目利きを狂わせる
  • 重要な「統合目線」、目利きには「速さ」が必要
  • 「ラボ」と「ビジネスユニット」の統合目線
  • 革新的なイノベーションだけではビジネス化できない理由
  • スタートアップは、アプローチする側のニーズ、価値連鎖は把握していない
  • 3 つのステップで成果を上げるためには 1 つでも引き出しを多く持つ

第四章 イスラエルのイノベーションと関わる際の勘所

  • イスラエルビジネスの問題点 Step1
  • イスラエルビジネスの問題点 Step2-Step3
  • 駐在員を置くか否かなど、本質的な問いへの対処
  • 「経営」「技術」両視点を経営者が持つ影響力
  • オフラインコミュニケーション
  • パートナーシップを結ぶ前から始まるコミュニケーション
  • 変化対応に必須となるリーダーシップ
  • 組織としてスピードを「適切に」最速にできるか、なぜスピードは落ちるのか。
  • イノベーションプロセス全体においては、日々の活動がすべて(仮)
  • 組織構造と組織文化両方の変容が必要
  • 組織としての経験値を蓄積していけるか
  • 継続的に発展する「文化」をどう醸成させていくか

第五章 未来においてテクノロジーがどう作用するか

  • 2050年までにぶつかる多くの課題-ESG、SDGs、脱炭素、少子高齢化
  • 未来にテクノロジーはなぜ必要なのか
  • テクノロジーのインフラとなった「IoT
  • 発展途上中の「Mobility
  • AI」が今後のテクノロジー業界に与える影響
  • DX」の本質
  • イスラエルの「Security」意識
  • テクノロジーイノベーションをしっかり掴む3つの視点
  • テクノジーがもたらす時代の流れを読む力をどうやって養うか

第六章 イスラエルとなぜ関わり続ける必要があるのか。

  • なぜ、これからも、イスラエルは世界のテクノジーイノベーションの先頭を走るのか
  • テクノジー変化の激しい時代にイスラエルと付き合う意味
  • キャッチアップでは難しい、今後のテクノロジー業界
  • 重要度が増す外部と柔軟に対応できる組織「文化
  • イノベーションの「変節点」とビジネスの「変節点」同士を繋げる
  • なぜ、スタートアップではなく、エコシステム視点が重要なのか
  • エコシステムは、「関わる」から「主導する」ものへ

第七章 日本とイスラエルの関係「深化」のために

  • 最新技術を取り入れるだけではビジネス化できない
  • 自社が取れる効果的な独自戦略の構築が「要」
  • 独自戦略を進めていく上での人材「教育」の重要性
  • 「継続性」を念頭に置いた独自戦略の構築が最重要
  • イスラエルに拠点を置く必要はあるのか
  • 時代の本質をつかんだ組織運営と組織知力の蓄積

第八章 テクノジーとイノベーションを体現できる未来型「組織」

  • 経営者自身が「イノベーション」全般の本質を判断し、意志決定できるか
  • 自社が必要とする変化するテクノジー、イノベーションの方向性を理解するために何をすればいいのか
  • 経営者に求められるリーダーシップ
  • 経営者のリーダーシップを柔軟な組織体制へ波及できるか
  • イノベーションを継続的に取り込む組織設計の「本質」
  • 新しく起こる」イノベーションに対して多様性をどう担保し続けるのか
  • 本質的な組織としての『問い』、経営者としての『問い』を根差した組織へ
  • 経営者自身による社内外への情報発信

※本コンテンツは株式会社イスラテックに帰属します。
※本目次は、2021 年 1 月 4 日時点の物で、予告なしに改変される可能性がある点は、ご了承ください。

連絡先

株式会社 ISRATECH
107-0062 東京都港区南青山 2-2-15 ウィン青山ビル UCF 917号
TEL:03-5510-1173
FAX:03-3502-1412
E-mail : info@(あっと)isratech.jp
※お急ぎの場合でもメールにてご連絡いただければ幸いです。
© 2021 Isratech / イスラテック. All rights reserved.