[レポート]日本イスラエル間直行チャーター便搭乗レポート | Isratech / イスラテック

Blogs

[レポート]日本イスラエル間直行チャーター便搭乗レポート


2020 年 3 月に就航予定の東京成田ーイスラエル間の直行便就航に合わせて、弊社代表加藤が、2019 年 9 月 14 日(土) TYO-NRT( 13:30 発)、現地 20 日(金) TLV-BenGurion ( 16:30 発)の直行のチャーター便に搭乗した際の搭乗レポートです。

 

[総評]
行きは、搭乗4時間前集合 (就航後は、3時間前到着推奨となるのでしょうか?不明です)、2時間遅れと、直行便のメリットはあまり感じませんでしたが、
帰りは、搭乗3時間前空港着(イスラエルでは通常)、ほぼ遅れなし出発のため、格段に速く感じました。
トランジットもないため、飛行時間+3時間で直行便の速さを体感できました。
それ以外は、個々レポートします。

[セキュリティチェック]
行き:今回初の民間企業が複数社共同のチャーター便ということで、イスラエル出国時と同様のセキュリティチェックが行われました。全員4時間集合のため200人以上が一列に並ぶ長蛇の列ができたが、通常運航になれば、特に問題なさそう。
帰り:イスラエル行かれたことがある方ならわかる、通常のセキュリティチェック。ほぼこれまでの出国時のものと同等。

[往路便] 飛行時間:12時間10分
ルート:東京成田からロシア上空を通過し、黒海から南下し、トルコを横断し南下するルート

[復路便] 飛行時間:10時間50分
ルート:イスラエルベングリオンからトルコへ北上、カザフ、中国を横断するルート


[機体]
Boreing 787 Dream Liner
シート:ビジネス:1-2-1 プレエコ:2-4-2 エコ:3-3-3
※この機体が実際飛ぶかは不明

[エコノミー]
通常の欧州便とほぼ同じ仕様。

[ビジネス]
通常の欧州便とほぼ同じ仕様。フルフラットシート。空間は少し狭かったようです。

[ビジネス利用]
ビジネス面:特にエグゼクティブレベルが欧州と同じ感覚で行けることになるのは「吉」ではないかと。
参考まで: TLV 16:30 → TYO 10:00(+1)
同時間帯キャセ便: TLV 14:40 → TYO 12:00 ※これまでの最短乗継より、実質4時間短縮
大韓仁川経由と比べてもほぼ同じ時間の短縮でしょう。

[食事]
行き:
(一食目)※選択制であるが、『チキン』or『ビーフ』であるが、席の関係上選択できず ※写真はビーフ

(二食目)※おそらくチキン…

帰り:
(一食目)夕食:『ビーフ』か『チキン』の2択 ※写真はビーフ

(二食目)朝食:『オムレツ』か『パンケーキ』の2択 ※写真はオムレツ

※リクエストすれば、サンドイッチなどももらえます。味は、普通でした。

[課題]
1.セキュリティチェック:実績ができるまでは慣れない日本人にとってはストレスか。段階的に簡素化してくれると望ましい→時間が解決してくれるかと…。
2.マイレージ:日系JAL ANAとのマイレージ連携はしてほしい。6000マイル程度あり、現在は、どことも連携していない。日系のいずれかと連携すると、日本イスラエル間を単独往復する搭乗者は増えそう。
3.予約:2019 年 9 月現在 TLV からの往復しか取れないようで、日本から往復が取れるべく調整頑張ってほしい。
4.エンタメ:日本語字幕のもの3-4本あるとよい。英語できない人にとってはきつい。
5.ラウンジ:マイレージと同様、日系のラウンジ利用も会ったほうがいいとのお声もいただきました。(2019 年 9 月 25 日追記)

[見込まれるであろう成果]
-観光面:日本語以外の言語が得意でない日本人にとってイスラエルは近くになる。今回チャーター直行便も、予約開始と同時にほぼ全席埋まったそうです。

「行き」の CA は、ほとんど日本語できなかったが、「帰り」の CA は、「ゴミありますか?」「こんにちは」「サンドイッチどうですか?」「ありがとうございます」「おはようございます」
往路から復路で日本語習得?すごいと思いましたが、機内で旅行代理店の人が代わる代わるイスラエルの CA にレクチャーしていたのは、よい光景でした。

-ビジネス面:直行便がないことを理由に行っていなかった方には朗報。欧州方面行くのとさほど変わらなくなるのは良い点→エグゼクティブレベルの時間ロスが減る?

以上 簡単ですが、日本=イスラエル間の直行便搭乗レポートでした。

連絡先

株式会社 ISRATECH
107-0062 東京都港区南青山 2-2-15 ウィン青山ビル UCF 917号
TEL:03-5510-1173
FAX:03-3502-1412
E-mail : info@(あっと)isratech.jp
※お急ぎの場合でもメールにてご連絡いただければ幸いです。
© 2019 Isratech / イスラテック. All rights reserved.