[スタートアップ紹介Vol.59]Alooma | Isratech / イスラテック

[スタートアップ紹介Vol.59]Alooma



大企業になればなるほど、様々なデータが使われずに各部署や、エクセル・ワードなど数種類に分かれて保存されており、管理には時間と予算が膨大にかかるためそこにリソースを割くことが出来ないのが現状である。そのため、そこに目をつけいているスタートアップがいくつか存在する。

URL : Alooma

今回は、イスラテックインターンが、企業のデータパイプラインの管理、整理サービスを提供している「 Alooma 」について、代表加藤に伺います。

Alooma とは、そもそも、どんな会社でしょうか?

Alooma は、企業がデータから得る価値を高めるデータ管理プラットフォームを構築した企業です。 事前に定義された幅広い入力?を提供し、処理後にデータを企業へ配信します。これによって、企業はリアルタイムでデータに対応できるようになります。

圧倒的な量のデータによって発生する障害や課題を克服する Alooma のプラットフォームは、企業が真にデータ主導になるために役立つ企業だと考えます。

他の企業と異なる Alooma の強みはなんでしょうか?

Alooma は、約 30 のデータベースおよび SaaS データソースと統合されています。会社が Google に買収されたため、新規顧客は宛先として Google Cloud Platform を使用できます。
Alooma は、Zendesk の Web サイトのフォームを介してサポートを提供しています。

同社のプラットフォームで出てくるデータパイプラインとはなんでしょうか?

データパイプラインとは、データを集約、整理、および保存、洞察、分析のために宛先へ移動するその流れのようなことです。

少し解説しますと、最新のデータパイプラインシステムは、ETL(抽出、変換、読み込み)プロセスを自動化し、データの取り込み、処理、フィルタリング、変換、およびクラウドアーキテクチャ全体での移動を含み、障害に対する回復力の層を追加します。

データパイプラインがどのように機能するかを理解するためには、たとえば、ソースから何かを受け取り、それを宛先に運ぶパイプを取り上げましょう。さまざまなソースから組織がアクセス、使用、分析できるストレージメディアにデータを転送するこのプロセスは、データの取り込みと呼ばれます。

輸送の過程で、データはビジネスのユースケースと宛先自体に応じて異なるプロセスを経ます。データパイプラインは、データの抽出と読み込みの単純なプロセスである場合もあれば、予測分析や機械学習用のデータウェアハウスなど、より高度な方法でデータを処理するように設計されている場合もあります。

データがパイプラインを移動すると、収集、管理、変換、共有の 4 つのプロセスが発生します。というような、少し長い説明になってしまいますので、この辺りでとどめておきます。

細かな解説までありがとうございます。データパイプラインが適切に管理できていればデータアナリストは必要ないという認識でしょうか?

データアナリストは、質問に答えて問題を解決するためにデータをどのように使用できるかを確認します。

データパイプラインは、「現在何が起こっているかを研究して傾向を特定し、将来について予測」します。 彼らは探偵のようなもので、物事がどのように機能するかを理解するのに役立ちます。 データアナリストは、品質を保証することでデータパイプラインをサポートし、自動化されたプラットフォームがさまざまな状況で 100 %正確に実行できない可能性のある作業を実行することもできます。

質問にダイレクトにお答えしますと、情報は、様々な切り口で「判断」が必要となるため、やはり、データアナリストは必要です。ただアナリストの業務の多くをサポートしてくれます。

なるほど、データアナリストも不要でなくなるまでではないということですね。しかしながら、Google が買収したメリットはどこにあったのでしょうか?

Alooma の長所は、データパイプラインを処理し、ユーザーのために管理することです。 ただし、このデータ統合サービスに加えて、クラウドへの移行、このデータのクリーンアップ、AI や機械学習のユースケースへの使用にも役立ちます。

Google Cloud では、企業のお客様がデータをプラットフォームに簡単かつ安全に移行できるよう支援しようとしています。 Alooma の追加により、Google Cloud への合理化された自動移行エクスペリエンスを顧客に提供し、マネージドオープンソースデータベースオファリングから CloudSpanner や CloudBigtable などのソリューションまでのすべてのデータベースサービスにアクセスできるようになります。


Google Cloudでの処理や、アクセスがより簡易になったということですね。
今後も Google の利用は絶えずある中で、顧客も気がつかないが大きな変化はこのように行われているのですね。本日も勉強になりました、ありがとうございました。

URL : Alooma

※イスラエルでは、こうしたスタートアップが 6000 社以上存在するといわれております。
弊社では、こうした企業の調査、目利きを行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問合せ先:お問合せフォーム

連絡先

株式会社 ISRATECH
107-0062 東京都港区南青山 2-2-15 ウィン青山ビル UCF 917号
TEL:03-5510-1173
FAX:03-3502-1412
E-mail : info@(あっと)isratech.jp
※お急ぎの場合でもメールにてご連絡いただければ幸いです。
© 2021 Isratech / イスラテック. All rights reserved.