[会社紹介Vol.20]PointGrab | Isratech / イスラテック

Blogs

[会社紹介Vol.20]PointGrab



働きやすいオフィス環境を作ることは企業の生産性向上やコスト削減の上では非常に有効である。またオフィスだけでなく、ショッピングモールなどの商業施設の効率化や有効活用も同様だ。しかし、人の動向を逐次観察し施設を柔軟に変えていくことはなかなか容易なものではない。

URL : https://www.pointgrab.com

商業施設の動的な把握によりこれまで実現できなかった、オフィスの柔軟な活用や、商業施設の効率化を図ることで、コスト削減などに有効である。

PointGrab について伺ってみた。

PointGrab はもともと、ジェスチャー認識技術の会社です。

少し専門的な内容ですと、組み込みのディープラーニング技術を光学センシング IoT デバイスに統合することができる技術を有しています。

現在急速に成長しているビルオートメーションセクターに参入しており、市販の最先端のマシンビジョンセンサーを開発しています。

さらに、建物内の活動レベルに関する詳細情報を提供する製品を開発し、省エネ効率、施設管理、居住の快適性と安全性、およびビジネスインテリジェンスをサポートしています。

PointGrab は以前、画像認識・ジェスチャー技術に優れていましたが、それとオフィス効率はどのような関係性があるのでしょうか?

PointGrabのエッジ分析スマートセンシングソリューションである CogniPoint™ は、居住者のアクティビティ分析を提供し、効果的な建物スペース管理を可能にし、建物の運用効率を高めています。最先端のディープラーニングニューラルネットワークテクノロジーを光学式センシングデバイスに組み込むことで、居住者の位置、数、および動きを検出する前例のない分析精度を提供しています。

ジェスチャー認識技術の空間把握に応用したということですね。

そうですね。こうしたことが可能になったおかげで、エネルギー効率を改善し、スペースの使用を最適化し、安全性とセキュリティを改善できます。

たとえば、組織がオフィススペースを正確に計画および管理するには、スマートセンサーが会議室、オープンスペース、デスクに関するデータを監視し、継続的に収集および分析する必要があります。

また、居住者の経路、期間、場所を学習することで、企業は環境内および周辺のプリンターやコーヒーマシンなどの機器やデバイスの配置を最適化でき、スムーズで効率的な職場を作成に大きく役立ちます。

なるほど。これまでの技術と絡めて上手く活用しているのですね。では、どのように施設を効率かつ柔軟に利用するのか教えてください。

オフィスビルで利用可能な会議室は通常、希少で高価なリソースであり、その使用を最適化するために調整が必要です。会議室の基本的な管理は、手動で行われています。しかし、スマートセンシングシステムは、参加者の数に基づいた柔軟な割り当て、会議中の使用頻度と占有者数の集計データの評価により、広範なレポートを通じて会議室の使用方法を真に理解できます。スマートセンサーは、予約されているが使用されていない部屋を検出し、必要に応じて他の従業員がアクセスできるようにリソースを解放することもできます。

(当初のジェスチャー認識技術をこのように活用し始めたのは、画期的なことでしょう。)

また、各従業員に自分のデスクを与えるのではなく、必要に応じてデスクを割り当てることも可能にします。つまり、スペース利用の最大化により、資産コストを削減できます。

この技術はオフィスや商業施設の効率化以外にも応用が効きますか?

人が動くところ、空間を把握する必要があるとこであれば、将来的に応用できるでしょうね。Pディープラーニングおよびオブジェクト追跡 IP をリモートビルディングオートメーションデバイスに統合し、HVAC や照明制御、セキュリティおよびアクセス制御、ビデオ分析などに強く、主にエネルギーの節約や分析の需要に対応できます。

私は初めて聞きましたが、このような企業は他にもあるのでしょうか?

Mapiq と呼ばれる会社があり、そのプラットフォームを使用して、従業員はどこにいてもいつでもオフィスビルのすべての施設にアクセスできます。ソフトウェアを使用して部屋を予約し、建物に入る方法を見つけ、無料の職場を探し、場所を共有し、同僚を見つけ、時間や地域を簡単に変更できます。Mapiqのスマートビルディングプラットフォームは、建物自体ではなく、人々の柔軟性に重点を置いています。

ビルが多い日本では非常に有効だと感じますし 2016 年には日本からも出資しているようですが、現在商用化しているのでしょうか?

PointGrabは、マシンビジョンとディープラーニングを通じて建物内の人々の動きを継続的に監視し、人の動きや建物・公共エリアでの使用パターンに関するリアルタイムデータを提供する、約1,000個のIoTセンサーのネットワークを発表しました。同社の技術が日本の建物でどの程度使用されているかは不明ですが、可能なようです。

人の導線を管理して効率化、省力化を図ることができることができるようになる時代が来るとは思いませんでしたし、考えたこともなかったです。
今日はありがとうございました。

URL : https://www.pointgrab.com

連絡先

株式会社 ISRATECH
107-0062 東京都港区南青山 2-2-15 ウィン青山ビル UCF 917号
TEL:03-5510-1173
FAX:03-3502-1412
E-mail : info@(あっと)isratech.jp
※お急ぎの場合でもメールにてご連絡いただければ幸いです。
© 2019 Isratech / イスラテック. All rights reserved.