[会社紹介Vol.19]DAV Network | Isratech / イスラテック

Blogs

[会社紹介Vol.19]DAV Network



改ざん、不正、システム障害に強いというメリットがあることから金融以外の業界からも注目を集めているブロックチェーン。
イスラエルのスタートアップも様々な形でブロックチェーンを利用、進化させ、新しい技術を創りあげている。

URL : https://dav.network

ブロックチェーンベースの輸送プロトコルを実現することで、自動運転車などの輸送サービスの利用や支払いに有効である。

DAV について伺ってみた。

DAV をオススメする理由はなんでしょうか?

まず、DAV とは何ぞやというところからで、DAV とは、Decentralized Autonomous Vehicle の略称で、日本語で、分散型自律運転する乗り物ということになります。

はい、それは言葉としては理解できます。

このDAV Foundation が目指していることは、様々な商品やサービスを自律的に運用できるようにするコンピューター言語を開発しています。
彼らの HP などによると、ブロックチェーンを輸送用のドローンへ応用をしていることです。先日第 9 回で紹介した Autotalks 社の場合は、通信のみで、その上というか、その通信を介することになります。

具体的に DAV トークンを使ってどのようなサービスが行えるのでしょうか?

ドローンに限らず、車両が DAV トークンを使用して相互に通信だけでなく、取引できるようにする交通インターネットのインフラストラクチャの構築を目指しています。
ユーザーは、トークンを使用してこれらの車両やドローンなど料金を支払うことで、いつでもどこでも乗り降りが可能になり、荷物の受け取り配達を行うことができます。
端的に言うと、現在はクレジットカードを介して決済していますが、PtoP、いわゆる端末同士で決済が理論上は可能になります。

すいません、よくわからないので、少し解説いただけますか。知りたいことは、これによってどのような意味があるのでしょうか?

私は、ブロックチェーンの専門家ではないので、あくまでもその点は、ご留意ください。(笑)
企業は、ネットワーク上に車両をリストできます。乗り物を使用して乗車をリクエストしたり、荷物を配達して受け取り、その後、イーサリアムブロックチェーンを使用して DAV トークンが会社にリリースされます。サービスが完了したら、支払いを清算できます。ブロックチェーンは、DAV 車両が最も近い利用可能なリクエストにサービスを提供するために自分自身をナビゲートするのに役立ちます。

要するに、Uber のようなサービスをブロックチェーンを使用したトークンで支払うイメージでしょうか?

すごい簡単に言いますと、そうです。
クレジットカード等での支払いは不要で、この DAV のイーサリアムに参加していれば、事実上は、PtoPで支払いが可能。しかもブロックチェーンのネットワークであるので、信用できる相手との取引となります。

単純に Uber のようなところで、もちろん使えますが、一般的にブロックチェーンは、コンテナなどの長期輸送、介在者が多く存在する仲介取引などで活躍するでしょう。(そうしたところのほうが、第三者の信用を担保しにくいため)

以前の Backfeed 社( 第 2 回 )とはどのように違うのでしょうか?

ブロックチェーンを活用している点では、基本は同じところです。

Dav Foundation のユニークなアプローチは、サービスユーザーがトークンを使用して任意の車両の使用に対して料金を支払うことで、どこかに乗車したり、荷物を受け取って配達したりできることです。

これらの車両またはネットワーク上の充電ステーションを所有している人々は、提供するサービスに対してお金を稼ぐことができます。これは、平均的な人が自動運転車のネットワーク全体を指先で持ち、1つのトークンで何でも持って行ったり、どこかで乗車できることを意味します。

C to C 取引でいつも問題となってくる『信用』をしっかり担保して、単純に商取引ができるプラットフォームができるということです。

なるほど、大分理解できてきました。様々なサービスがあるようですね、日本で活かせそうなサービスはありますか?

DAVの基盤などのサービスは、日本の無人車技術の開発に役立つ可能性があります。

つまり、将来的には分散ネットワークによって、自律型車両は、利用者と最も近い車両をマッチングさせ、相互に通信できるようになると思います。

無人のタクシーを利用するイメージです。無人車両の開発が進む日本にマッチングした技術ですね。より便利になる世界に期待します。

詳細な解説ありがとうございました。

ブロックチェーン自体は、まだまだ黎明期で、スタートアップが成長してくるには、まだ産業インフラが追い付いていないでしょう。
ただ、現産業のどこがどうブロックチェーンになっていくかは、今後いろんな試みがあり、失敗があり、試行錯誤しながら進んでいくとは思います。

本日はどうもありがとうございました。

URL : https://dav.network

連絡先

株式会社 ISRATECH
107-0062 東京都港区南青山 2-2-15 ウィン青山ビル UCF 917号
TEL:03-5510-1173
FAX:03-3502-1412
E-mail : info@(あっと)isratech.jp
※お急ぎの場合でもメールにてご連絡いただければ幸いです。
© 2019 Isratech / イスラテック. All rights reserved.