[会社紹介Vol.22]Annapurna Labs | Isratech / イスラテック

Blogs

[会社紹介Vol.22]Annapurna Labs



イスラエルでは、年間 100 社程度の企業が買収されます。当然その中には、GAFA などの企業に買収されるイスラエルスタートアップは多くあります。
開発された優秀な技術を取り込み、企業がより成長を遂げるシーンを幾度となくみて肌で感じてきました。

http://www.annapurnalabs.com

Annapurna Labs は、様々なアプリケーション向けに最適化されたオンチップおよびサブシステムを提供しています。 2015 年には Amazon が買収するなど注目すべき企業の一つです。
Annapurna Labs について伺ってみた。

Annapurna Labsをオススメする理由はなんでしょうか?

Annapurna Labsは、低電力コンピューティングサーバーと組織のストレージサーバーの高速データトラフィックを可能にするマイクロプロセッサを開発する電子企業です。
当時ステルス企業で謎の多い状態でしたが、経営陣の評価とコンセプトがフォーカスされていたため、2015年当時 Amazon に 370 m$ (約 400 億円) 程度で買収されました。

当時会社の実態があまり表面化していない中でも、Amazon に買収されたポイントはなんだったのでしょうか?

Amazon は、クラウドサービスなどを改善し、イスラエルのチップ、クラウドコンピューティング、ストレージ業界、さらには将来のサイバーおよびビッグデータ業界でさえ、研究開発者を雇用したいと考えていたのが主な理由とされています。

2015 年に Amazon が買収し、2018 年には独自のプロセッサを開発したようですが、Annapurna Labs を買収したことで加速したと考えられます。
加藤さんは Amazon よりも先にこの企業に注目していたのでしょうか?
そしてどの点が優れていたのでしょうか?

同社の元々の優れた点は、Alpine チップがさまざまなネットワークデバイスと一緒に最大4つの ARM プロセッサをサポートできるようにしたことです。これによりコンピューティング能力が制限されるルーターや住宅用デバイスなどのパフォーマンスが向上します。これは機能面。また、会社創業当時の 2011 年ころから、Co-Founder、Ronen Boneh などの半導体業界(主に Marvell )で経験を積んだメンバーで会社が設立された点も注目していた点です。

イグジットした後、Annapurna Labs の創業者や企業はどのような展開を見せていますか?

2001年に、同社創業者の Avigdor Willenz はチップ製造会社 Galileo を Marvell に 12 億ドルで売却しました。Annapurna Labs 自体は 2011 年に Avigdor Willenz らによって設立され、英国のチップメーカー ARM やベンチャーキャピタル会社ウォルデン・インターナショナルなどの企業と、多数の投資家から数千万ドルの投資を得ました。
Avigdor Willenz や、Ronen Boneh ら創業陣は、今でも同社に残っているようです。

GAFA などが次に狙う企業はどのような企業があるでしょうか?

一般的に、総じて、数学が強く、そこから派生する領域が強いです。数学から派生(古くは信号処理、波形処理、暗号)や、波形の数値を処理するもの、アルゴリズムだけを特徴とするものです最近のわかりやすい領域ですと、画像処理(チップ側の演算処理、通信系)とか、画像認識、解析(波形などをあて対象認識)が強く、それらのデータをため込んで新しい処理をする領域、ビックデータ処理、AI領域はそもそもの最初のアルゴリズムの部分で差別化できているので、優位性があります。

そういう企業の中には、数式レベルからアルゴリズムをしっかり考えている企業もあり、要素技術のレベルからそもそも差別化している企業などは、その企業の売り上げがなくても、GAFA が狙うような企業の対象の 1 つになってくるでしょう。

日本はまだまだ、イスラエルスタートアップに対して意識が低いようですがいかがでしょうか?

イスラエルへの日本の投資は、過去 20 年間で増加傾向にあります。

総投資額は 2001 年から 2018 年末までに 180 件の取引で約 63 億 5,000 万ドルに達しました。2018 年イスラエルのスタートアップ企業とハイテク企業に関連する日本企業の投資と買収件数の合計は、 28 件で合計 7 億 9,100 万ドルでした。
2019 年 4 月現在では、投資が 13 件で合計 3,800 万ドルでした。ソニーと大和キャピタルは、日本、米国、ヨーロッパそしてイスラエルに拠点を置く中期から後期のスタートアップ企業に投資する資金を調達する合弁会社を設立したと発表しました。このように日本からの投資も近年では積極的に行われていますが、まだまだのようです。

そのためにも、まずより多くの他面的な情報発信が必要だと考えています。

本日は、ありがとうございました。

http://www.annapurnalabs.com

連絡先

株式会社 ISRATECH
107-0062 東京都港区南青山 2-2-15 ウィン青山ビル UCF 917号
TEL:03-5510-1173
FAX:03-3502-1412
E-mail : info@(あっと)isratech.jp
※お急ぎの場合でもメールにてご連絡いただければ幸いです。
© 2019 Isratech / イスラテック. All rights reserved.